忍者ブログ

子供のやる気を育てたい!小学生の家庭学習

「ポピー」「ドラゼミ」「進研ゼミ」など学習教材の紹介や家庭学習のとりくみを体験をもとにご紹介します!

小1男子にアメとムチは有効なのか?

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

小1男子にアメとムチは有効なのか?

ゲーム大好きな息子。
「ゲームしていい?」が口グセのようになっています。

やるべきことを先にやれば
ある程度はゲームも許容しているのですが
何でも後回しにしようとしてしまいます。



ゲームをするための勉強 

ゲームは目が疲れないように、やりすぎないようにと考えて ルールを作っています。

(参考記事→子供とゲームの程よい関係をつくるには

やるべきことをしっかりやって
あいた時間は好きなことをして楽しんでよいのですが
息子は宿題や片付け、明日の学校準備などになかなか取りかかりません。

宿題にとりかかっても途中で遊びだしたりダラダラしがちです。

一時期あまりにダラダラするのでゲームを禁止にしました。
宿題をするのも朝の準備や帰宅後の片付けも30分以内にできるようになったら
ゲームをしてもよい、というふうにしました。

少し改善が見られたのでゲームを解禁しましたが、
勉強にしても生活習慣にしてもすべて
「ゲームをしたいからやる」「できなかったらゲーム禁止になる」と
ゲームが「アメ」と「ムチ」のようになってきています。

これはちょっと問題がありますね。



自主的にやる気をだすことはできるのか?

やるべきことをきちんとやる、という習慣をつけることが大切なのですが
なかなか自主的に動くことができません。

宿題をしなくても放っておくと、遅くなってから自分で始めますが
寝る前になって「ゲームがしたい」と言い出します(-"-)

親もイライラムカムカしますが、この積み重ねが大切なんですよね。



子供のペースを考えてみる

息子は学校から帰ったり食事をした後など、必ずダラダラします。
私は宿題や片づけなどやることをやってからゆっくりすればよいと思いますが
どうもペースがちがうようです。

エニアグラムの本を読んでから反省する部分がありました。
(→子供のコーチング エニアグラムで親と子の性格を知る


ダラダラしている息子に様子を見て
「〇分休憩したらやることやろうね」という風にしてみたら
ちゃんとできることもありました。

息子には「休憩」も必要な時間のようです。
自分の考え方やペースに子供をあてはめてはいけないのですね。


自分でやらせるのが大切

ダラダラする割には小心者で心配性の息子は
失敗をおそれるタイプでストレスをためやすいです。

それでついつい先回りしてあれこれ言いたくなりますが
自分でやらせて失敗して学ぶことも必要ですね。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

*スポンサーリンク*

こんにちは(^^)まるこです。


小学生と保育園児の母です。

子供のやる気を育て
勉強が楽しいと思えるような
家庭学習をめざしています。

にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ

★通信教材 どこがおススメ?★

こちらにまとめました!
おすすめ通信教材


*リンク*

*免責事項*

当サイトの文章・デザインの
無断転載はお断りいたします。
いかなる損害が発生しても
賠償責任を負いません。
予めご了承くださいませ。