忍者ブログ

子供のやる気を育てたい!小学生の家庭学習

「ポピー」「ドラゼミ」「進研ゼミ」など学習教材の紹介や家庭学習のとりくみを体験をもとにご紹介します!

テレビやゲームから子供の視力を守るには

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

テレビやゲームから子供の視力を守るには

ゲームやテレビは子供の目に悪いことは明らかです。
だけど禁止するのはむずかしいですよね。

子供の視力が悪くならないようにするには
どうしたらよいでしょうか。




子供の目の成長

子どもの視力は生後3・4ケ月で見えるようになります。
ものを見ることによって視力は発達し、6・7歳頃に目の機能が完成するそうです。
7歳以降の成長期には眼球が長くなり、近視がすすむことがあるそうです。

出典:参天製薬「こどもの目のケア

うちの息子はちょうど7歳。 これから近視がすすむ可能性がありますね。


目が悪くならないように気を付けていること

最近の子はゲームやスマホのせいで目が悪い子が多いと聞きます。

息子もマンガ、ゲーム、テレビが大好きです。
好きなことにはものすごく集中するタイプなので、 親が注意しないといつまでも見続けてしまいます。

特にゲームは目に悪そうなので、30分やったら必ず10分以上の休憩をとるように言っています。
(わが家のゲームをするときのルールについてはこちら

また、暗い所で本を読まない、姿勢をよくするなども注意するようにしています。


目の体操でリラックス

近くのものを見続けると目が疲れるので、遠くを見るとよいそうです。
でも、家の中で遠くを見ると言われてもちょっとむずかしいですよね。

目の疲れをとるいい方法はないかと探していて、
参天製薬とベネッセが制作した「めスッキリたいそう」というのを見つけました。


これなら子供にもやりやすそうです。
私もパソコンを見る時間が長いので、子供と一緒にやろうと思います。


目を使いすぎない生活を送る

家事や用事などもあって子供ばかりかまっていられません。
子供がテレビなどに集中してくれる方が親としては助かるときもありますよね(^_^.)

マンガもゲームもテレビも買い与えているのは親です。
低学年のうちは親が子供の目への影響に責任をもたないといけませんね。

目を使いすぎないこと、目を休めることに気をつけると同時に
テレビやゲーム以外で楽しめることを探していきたいと思います。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

*スポンサーリンク*

こんにちは(^^)まるこです。


小学生と保育園児の母です。

子供のやる気を育て
勉強が楽しいと思えるような
家庭学習をめざしています。

にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ

★通信教材 どこがおススメ?★

こちらにまとめました!
おすすめ通信教材


*リンク*

*免責事項*

当サイトの文章・デザインの
無断転載はお断りいたします。
いかなる損害が発生しても
賠償責任を負いません。
予めご了承くださいませ。