忍者ブログ

子供のやる気を育てたい!小学生の家庭学習

「ポピー」「ドラゼミ」「進研ゼミ」など学習教材の紹介や家庭学習のとりくみを体験をもとにご紹介します!

タングラムで図形感覚をそだてる

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

タングラムで図形感覚をそだてる

ドラゼミは図形に力をいれています。毎月のテキストにも1年生から図形練習があります。「ひらめき図形パズル」という、長方形を7つのピースにわけて、ちがう形をつくるパズルです。
これは「タングラム」とよばれるパズル遊びです。






タングラムとは

タングラムは 四角形をパーツにわけて違う形に組み替えるパズルです。4000年以上前にエジプトで始まったといわれます。楊貴妃や紫式部も楽しんだとか。日本では「ラッキーパズル」ともいわれるそうです。

息子が幼稚園の頃にも、絵本を使ってタングラムをやってみたことがあります。

これは幼児にも簡単で、すぐに私より息子のほうが上手になりました。今は下の子が遊んでいます。(おもに投げてますが・・・)

こちらの絵本です。

【送料無料】くろくまくんのたんぐらむえほん [ たかいよしかず ]


タングラムの商品はたくさんありますね。こちらはマグネットになっているので使いやすそう。これを見て、ドラゼミの図形パズルも裏にマグネットを貼ってみようかと思っています。



ドラゼミの図形問題

ドラゼミの図形問題は基本問題の単元とはちがう、発展・応用問題のページになります。


毎月むずかしくなっていきます。息子だけでは解けないので、親子で悩みながら取り組んでいます。たまに降参して解答をみることもあります(>_<)

ドラゼミにも「できれば小学三年生頃まで時々、ご家族のみなさんで楽しまれることをおすすめします。お子さんが先に解けるようになるといいですね。」と書かれています。
親子で取り組むことを前提とした難易度のようです。

図形感覚をきたえる

算数の図形問題は暗記できるものではありません。図形感覚が必要となります。これはいわゆるセンスというものですね。 幼児期の粘土・折り紙・つみ木・ブロック遊びなんかも図形感覚を豊かにするそうです。レゴは特に図形の立体感覚がきたえられそうです。

息子はブロック遊びなどが好きなので、タングラムも自分でいろいろな形を作ってみたりして楽しんでいます。こういった遊びの中で取り入れられることは、どんどんやってみるとよさそうですね。


【こちらの記事もよく読まれています】  → 遊びながら楽しく図形感覚を育てよう!


PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

*スポンサーリンク*

こんにちは(^^)まるこです。


小学生と保育園児の母です。

子供のやる気を育て
勉強が楽しいと思えるような
家庭学習をめざしています。

にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ

★通信教材 どこがおススメ?★

こちらにまとめました!
おすすめ通信教材


*リンク*

*免責事項*

当サイトの文章・デザインの
無断転載はお断りいたします。
いかなる損害が発生しても
賠償責任を負いません。
予めご了承くださいませ。